プレグルCB-1カプセルは本当にいいの?副作用があるのかが気になる・・・

妊活中という非常にデリケートな体調の時期に飲むサプリメントという事で、やはり1番に気になるのはプレグルCB-1カプセルを飲んで何か副作用や悪影響などの要素がないのかという事ではないでしょうか。

 

 

結論から先に申しあげましょう。プレグルCB-1カプセルで副作用が出る心配は限りなく低いと思われます。

 

 

プレグルCB-1カプセルの発売元であるゲンナイ製薬には、薬剤師やサプリコンサルタントに質問や相談ができるお客様相談があるのですが、副作用に関する質問を直接電話をかけて問い合わせをしてみました。

 

 

その際の回答ですが「プレグルCB-1カプセルは自然のミネラルを当社独自の方法で抽出してサプリメントにしたもので、安心して飲んでいただけます。」との答えを頂きました。また「病院の薬や他のサプリメント、漢方薬との併用も大丈夫」とのアドバイスももらえましたので、メーカー側としては製品にはかなり自信を持っていると言う証拠なのでしょう。

 

 

実際に私も服用を始めてから副作用らしい症状を感じたことはありませんので、決められた分量を飲む分にはなんら心配はないと思われます。

 

 

ただし、プレグルCB-1カプセルに含まれている成分を他のサプリメントでも飲んでしまうとその成分に関しては過剰摂取になってしまう危険性もありますので、万が一他の妊活サプリを併用するのであればきちんと成分を把握して重複しないようにすることが大切です。

 

⇒プレグルCB-1カプセルの全成分表


実際にプレグルCB-1カプセルを飲んでも副作用はありませんでした

私の年齢も40代に差し掛かった頃、時期的にも不妊治療を開始せざるを得なくなりましたが卵子のグレードもなかなか良くならずにG3という事が続いていました。そんな時いつも参考にしている、ある妊活サイトで話題になっていたのが「プレグルCB-1カプセル」だったのです。(当時はプレグルES-46という名前でした。)

 

 

天然成分を特殊加工し食品用にイオンミネラル化された成分が細胞のミトコンドリアにアプローチし卵子や精子を若返らせることが出来るかもしれないという、それは高齢出産という年齢になってしまった私には夢のような話でした。

 

 

それまでは美容としてのアンチエイジングはしたことあっても、卵子のアンチエイジングだなんて「そんな事本当に出来るのかな・・・?」とやっぱり最初はとても信じることが出来ませんでした。ところが実際に投稿されていた口コミには「飲み始めてから赤ちゃんを授かることが出来た。」「採卵でグレードの高い卵子が取れた。」など聞けばうらやましくなるような事がたくさん書いてあったのです。

 

 

もちろん全ての人に効果があって効くのかというと必ずしもそうとは言い切れないと思いますし、これを飲んだからと言って100%赤ちゃんが出来る訳ではないという事は分かっています。でも何もしないでいるよりは「今の自分に何か少しでも改善できることがあるなら挑戦してみよう!」と決心したのです。

 

 

プレグルCB-1カプセルは不妊治療の為に飲んでいる様々な薬とも併用できるという事なので治療中でも安心して服用しています。念のために通っている婦人科の病院の先生に現品をもって確認しましたが「医師の立場からサプリメントを進んで勧めるようなことはしないが、○○さん自身が飲みたいと思うなら飲んでも構わないですよ。」と言う風にアドバイスを受け許可を頂きました。

 

 

私が通っている病院の先生は割と若い女医さんなので、私の気持を考えて飲んでもいいとおっしゃってくれたのかもしれません。しかし妊活サイトで見たお話では、「そんなもの飲んでも妊娠なんてできないよ。」とお医者様から言われたと言う人もいました。でも私はこのプレグルCB-1カプセルに副作用がないのだとしたら、決して安い買い物ではありませんが少しでもある可能性にかけてみたいと思い私は服用を続けています。

 

 

同年代の主人と一緒に飲んでいるのですが、偶然かもしれませんが飲み始めてから2カ月目に行った採卵ではG2のグレードの卵子が1個だけですが初めて取れました。現在引き続き病院での治療も進めています。本音を言えば、せめて30代くらいのもう少し早い時期から始められたらよかったのですがその頃はこのような画期的な商品がなかったので仕方ないですね。今はとにかく少しでも早くかわいい赤ちゃんの顔を見るために頑張っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る